fc2ブログ

石川県グルメガイド小松編 ①「焼肉きたむら」名物弁慶のわらじ!?

こんにちは小原です。
石川県に旅行と言えば誰しも「金沢」といったとこでしょうが、激混み金沢駅周辺から普通電車で30分ほどで小松空港からなら速攻。私の父の故郷でもあり、実は面白スポットやグルメスポットがゴロゴロしている町

「小松」

をご案内したいと思います。

地元の方達は「こんなとこ何もないわい」と言いますが、シーラカンスだって地元の人からすれば、たまに引っかかる美味しくもない迷惑な魚と思われていた例もあり、実はここ小松市はネタの宝庫です。

だいたい空港があるし、基地はあるし、歌舞伎で有名な勧進帳の舞台でもあって子供歌舞伎という文化が寛永16(1639)年から始まっていたり、世界一古いホテルとしてギネスブックにも載っている温泉旅館があったり、と、メジャー所ですらも行く所が沢山あります。

といった所で今回のグルメロケハンでとにかく最初に来たかったのは、

「焼肉 きたむら」

きたむら-

焼肉屋さんが住宅地の真ん中!?
という広い土地がなせる珍しい立地で、猛禽類の目のようにランランと輝く看板が目印な、レア感の非常に強い焼肉屋さんです。私の父親が子供時代の頃にすでに肉を扱っていて、イトコもバイトをしていた事があるという、とても歴史が長く、地元に愛されているお店です。

きたむら-1

ここのご主人は、お肉の表情を毎日見ていて、いい顔をしてる美味しいお肉を見つけ出し、1gでも多くお客さんに届けたい!といった気持ちが伝わる、なんとも肉愛の強い方です。

きたむら-2

サガリです。表情で言うと、実に凛としたいい顔をしております。

きたむら-4

こちら、焼き方も大切です。牛脂は中心に置き、そして弱火で丁寧に焼いていくのがきたむら流。強火厳禁です。それによりお肉達の表情は鉄板の上で、より一層の輝きを放つのでした。

きたむら-3

ミノ とても可憐な顔立ちをしており、上品さ気品に溢れエレガントな表情であります

きたむら-5

カルビ なんともやんちゃな顔立ちをしていてエネルギッシュな表情です。

きたむら-6

ホルモン バイタリティに溢れた表情です 生命感がみなぎります。

きたむら-11

そしてついにここで登場します。
ご覧ください。これが王者の風格です

きたむら-

名物「にんにくステーキ弁慶のわらじ」
威風堂々、表情でいうと、
まさにドヤ顔!
だがそれでいい。
なぜなら王者だから!

きたむら-8

今回これを生で見たかったのです。見るだけで力が湧いてくるようです。

きたむら-9

下には鉄板全面ににんにく!
実はこのお店、相撲や野球にもつながりが多く、スポーツ関係者に愛されているのもよくわかるパワフルっぷりです。

焼肉きたむら            
住所:石川県小松市大領中町2-432  
予約・お問い合わせ:0761-23-1129
営業時間:17:00~22:30      
定休日:火曜日           
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

電話番号は「いい肉」とすこしお茶目な一面もみせております。
帰りには特製チャーシューを頂いてしまいました。このチャーシュー、これが地元の人でもなかなか手に入れられないという隠れ名産品。バレないように隠して持って帰る事にします。。


といった所で、小松食べ歩きガイド次回に続きます。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ベルジネ

芸能プロダクション・映像/アニメ製作会社ベルジネ・タレント・エージェンシーです。
映画祭レポート、名所案内・ロケハン・グルメ・レシピ…
面白い情報があれば、みんなでなんでもあげていきます。